BELLOF HISTORY

2016年

そして未来へ・・・
歩みを止めることなく。さらなる進化を続ける“BELLOF H.I.D WORLD”H.I.D界の先駆者として、私達はこれからもユーザーの皆様と共に、“最光品質”の歴史を塗り替えて行きます。
21世紀のワールドスタンダードを目指して・・・

光のフロンティア  BELLOF JAPAN

2015年

雨の日の視界もクリアに!!
“アイ・ビューティー フラットワイパー”発売!!
アタッチメントを交換することで、計8種類ものワイパーアームに対応し、右ハンドル車、左ハンドル車問わず装着が可能です。
特殊シリコンゴムに練りこんだ撥水成分が徐々に染み出すことで撥水被膜の形成をおこない強力に水滴をはじきます。ボディーは独自のエアロフォルム採用により、走行風を利用しブレードの浮きを防止。ガラス面にしっかり密着させることで払拭性能を向上。あわせて装着車両のスタイル性もアップさせます。

2014年

LED FOG創造から進化へ…
光の広がりを実現するために生まれた“ディフュージョンミラー”
今までのようなLEDの数を多くしたり、発光面を大きくとった眩しいだけの照射光とは違い、トータル2800ルーメンという高輝度LEDの光を“ディフュージョンミラー”に反射増大させることで、ランプリフレクターより理想的な光を照射します。
また、ハロゲンバルブやHIDバルブに比べ発熱温度が極めて低い為、ランプ本体を傷めるような事は一切ありません。
さらに明るく、新しくなった史上初の本格的LEDコンバージョンバルブ“シリウス ボールド・レイ ネオ”を発売!!

まさかの時に!!
多機能バッテリー「クイック バッテリー チャージャー」を発売!!
手のひらサイズのコンパクトボディ―ながら、15,000mAhの大容量を実現したモバイルバッテリー!
突然のバッテリー上がりにも12Vのバイクから6000ccまでの車ならジャンプスタートが可能!!
多種多様なソケットを付属し、スマートフォンはもちろん、タブレット端末、パソコン、ゲーム機、デジタルカメラなどへの充電も可能。
さらに、夜間の作業に役立つ3つの点灯パターン(常時点灯・点滅・フラッシュ)のLED懐中電灯機能付がついた画期的な商品でした。

2013年

コラボレーション!!
HOSHINO “IMPUL” のプロデュースによるNISSANノート・NISSAN キャラバン専用H.I.Dキットを発売!!
レースなどの実戦で培ったデータや技術で市販車向けに様々なチューニングパーツの開発や販売、さらにはコンプリートカーの制作販売を行っている株式会社ホシノインパル。その「IMPUL」のプロデュースによリ、『IMPUL×BELLOF H.I.Dシステム NISSANノート・NISSAN キャラバン用』のIMPUL×BELLOFコラボレーションが実現しました。

2012年

美しい配光を実現するための改革!!
史上初の本格的LEDコンバージョンバルブ“シリウス ボールド・レイ”を発売!!

新発想“ディフュージョンミラー”を開発。
LEDより照射された光は直接、前方を光らせることなく、計算しつくされた絶妙な形状の“ディフュージョンミラー”に光を当て反射させることで光は増大され、ランプリフレクターを使い理想的な照射を可能としたLEDコンバージョンバルブです。
バルブ後方がコンパクトな本製品は、カプラーオンにより取り付けも非常に簡単です。

純正で簡素化されたパーツをアップグレード!!
「車種専用H.I.Dフォグランプキット」が新登場!!
トヨタ86・スバルBRZ・プリウス・ランドクルーザーなど、純正で装着されているフォグランプは消費電力を低く抑えたバルブが装着されています。そのため暗く、また、灯具本体は熱に強い設計にはなっていないため、HIDを装着すると、熱と光の強さでリフレクターに曇りや変色といった症状がすぐに発生してしまいます。
そこでベロフでは、HID専用フォグランプユニットを開発し、フォグランプ用HIDと灯具をセットにした「車種専用H.I.Dフォグランプキット」を発売。 純正とはまったく異なる視界とインパクトを手に入れる事が可能です。

2011年

純正機能をコントロール
車両のウインカー機能をカプラーON接続で自由自在にコントロール可能な「ウインカーコントロールユニット」を発売。
本体の4つのボリュームを調整することで、ウインカー点滅時間・間隔を完全コントロールいたします。さらに、欧州車で採用されている機能でウインカーレバーを軽く操作するだけでウインカーを2~6回点滅させる機能も搭載しました。

2010年

ハイパワーを活かしきるバルブ誕生
ハイパフォーマンスバルブ「GT5000バルブキット」を発売!!
荒ぶるパワーを生かしきる為に、誕生したハイパフォーマンスバルブ。
Spec LE MANS GT、Spec Evolution NEOなどのハイパワーユニット向け「GT5000バルブキット」は、既存のH.I.Dバルブに比べ発光部を大きくし、キセノンガスを多く封入する事で発光能率と放熱性を高めました。また、発光部内部の電極の素材も純度の高いタングステンを使用することで発光時の高熱に対する耐熱性が高まり、ハイパワー化に伴う短寿命も回避。5000ケルビンの色温度を維持しながらさらに明るく、ワイドな視界の確保が可能となりました。

高い視認性と装着時の美しさを求め…
各LEDのパートごとにクロームメッキされたリフレクターを採用することで、車両のイグニッションに連動し、点灯時は視認性の高いデイライト機能で明るさ1400cdを発揮します。減光機能搭載により、スモールランプ点灯時は自動的に減光し、夕方・夜間時の幻惑を防止するなど、優れた機能と明るさを発揮したLEDデイライトシステム“シリウス デイマーカー”を発売!!

2009年

30Dynamis発売!
2009年、ついにFogランプ用H.I.Dシステムを発売しました。 フォグランプ用H.I.Dでありながら明るさを犠牲にせず、小さめの灯体へのダメージも考慮した出力。 装着場所が少ないフォグランプ廻りを考慮した超小型・軽量インバータを採用したことで明るく、 美しい光を放つフォグランプへのコンバートが可能となりました。

H.I.Dバルブ品質向上!
バルブにとって発光部分の位置はとても重要なものです。
発光部分が1mmずれただけでも、最適な照射光が出にくくなります。
そこで、コンピューター制御のCCDカメラを使ったオリジナルフォーカスマシーンの採用により
バルブ発光部分の誤差を0.01mmまで管理しています。

2008年

初のフルオーダーシステム
バラスト、バルブ、LEDをお客様のこだわりに最大限お答えするために、フルオーダーシステムを取り入れたトヨタランドクルーザー200専用“ランクル200パフォーマンスパッケージ”を発売。

シリーズの拡大
オプティマルD4シリーズにさらなる高ケルビン“D4R/D4S 6300K”を追加。 LED発光部をサイドにマウントすることにより、バルブボディーに対し直角に光を照射する “Sirius REVOサイドマウントバルブ”を発売。

2007年

BELLOF ECOLOGY
トヨタ車を中心にLEXUS・ダイハツ車などで多く使用されている水銀フリーバルブに対応すべく、“D4 5800k”を開発。
水銀を一切含まないバルブでありながら明るく鋭い輝白色の5800ケルビンを実現しました。
D1バルブ仕様車に「BELLOF 純正交換H.I.Dバルブ オプティマル」D2規格と組合わせ、
多彩な発光色で愛車の表情を創る“D1イグナイタソケット”の誕生。

2006年

様々な規格へ対応
H.I.Dバルブには、D1、D2、D4と様々なタイプが増えて行く中、
全てのバルブ形状に対応するH.I.Dバルブキット“D-Multi”が誕生。

LEDでも最光品質の世界を求めてきたBELLOFが、スモールバルブ“Sirius REVO”の開発に成功。
ソケットに差し込むだけで、白く明るい光を放ち、視認性と共に、フロントフェイスをクールに引き立たせます。
また、車種専用に拘り開発したSiriusシリーズ“BMW専用Sirius LED”リングを発売。

常に新しい最光品質を求めてきたBELLOFは、Spec Le Mans発売より4年。
出力、機能を一新し、進化させたULTIMATE POWER UNIT “SPEC LE MANS GT”の開発に成功。

2005年

さらなるダウンサイジング
H4ハイ/ロー切替式を装着する場合、ヘッドライト後方スペース不足でH.I.Dの装着が出来ない車種が多く、
H.I.Dの装着を諦めるしかありませんでした。
そこで、これらの車種に装着する為に、高性能な超小型ソレノイドの開発に成功。
これにより、バルブ後方寸法49.5mmを実現した“HL4MV”、
さらに、バルブ後方寸法41.0mm、究極の小型バルブ“HL4SV”が誕生しました。

2004年

充実したラインナップの展開
ダウンサイジングと品質向上をテーマに研究を重ね、新方式の開発に成功しイグナイタを小型化した
“Spec Giallo H.I.D POWER UNIT”誕生。

輸入車用パーツのラインナップ充実
メルセデスベンツE55専用H.I.Dフルキットの“B55パフォーマンスパッケージ”の発売を開

輸入車専用モデルの“Spec EX”が輸入車向けH.I.D POWER UNITとして国内デビュー。
同時に従来品とは根本的に異なる設計を行うことにより、
これまでに無い全く新しい“マルチワーニングキャンセラーα”の開発に成功。

2003年

H4システムに求めるもの
Hi-Lo切替式は、“HL4SSS(Short Slim Shield drive)”へさらに進化。
このシステムをSpec LE MANSに採用いたしました。
長さで約10mm、幅で約10mmの小型化を実現。これにより多くの車種に対応が可能。

2002年

HIGH POWER H.I.D 誕生・・・
明るさの極限、世界初、HIGH POWER H.I.Dシステム“Spec LE MANS”誕生。

2001年

さらなる"クオリティー"の追及・・・
“Spec 01”の誕生。
23,000Vという高電圧の世界。そこには完璧な安全性が求められます。
完成された世界を目指し“Spec 01 H.I.D SYSTEM”誕生。
H4・Hi-Lo切替構造がワイヤー式からソレノイド式の“HL4D-drive”誕生。

究極の輝き、SPARK WHITEの世界へ
美色と明るさの共存
カラーコーティングと引き換えに僅かに失った明るさの克服。
辿りついた先はコーティング無しで明るさを。また注入ガスの調合で美しい色を出す道でした。

2000年

世界初、H4・Hi-Lo切替式H.I.D誕生・・・
不可能を可能へ・・・
2000年2月、発光部を移動させる事により世界初のHi-Lo切替式のH.I.D“HL4W”が誕生。

1998年

進化型H.I.D誕生・・・
新型バラスト・新型バルブの登場。
従来のバラストに変わり、インバータ部とイグナイタ部を別体化させたセパレート方式のバラストが誕生。
従来のバルブに石英管を被せた新タイプのH.I.Dバルブが誕生。

1995年

1995年、全ての歴史は始まった・・・
H.I.Dはヨーロッパで開発され、1992年よりドイツ国内向けに採用されたのが始まりです。
それから3年、1995年10月、BELLOF JAPANより日本のアフターマーケット市場に初めて登場。

Products Index

  • H.I.D
    H.I.D

    ベロフを代表するH.I.Dシステム

  • LED
    LED

    圧倒的な存在感と個性あふれる美しさ

  • FOG
    FOG

    明るく美しい光を放つEcoパワーH.I.D

  • OEDICATED
    OEDICATED

    車種別専用システム

  • OPTION
    OPTION

    オプションパーツ


page top