用語解説

 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 英数

ア
イグナイタ
車両の12V電圧をH.I.Dバルブを点灯させる為に必要な高電圧に変換させる昇圧器。DC12vを約2万ⅴまで昇圧します。
インバータ
車両の12V電圧をH.I.Dバルブを点灯させる為に必要な高電圧に変換させる昇圧器。DC12Vを初期は約380~400Vまで昇圧し、点灯直後85Vにて出力しています。
ウインカー
車両に付いてる保安部品で、右左折や進路変更の際にその方向を周囲に示す為の装置。
ウエッジバルブ
電球と電極端子部がガラス等で一体成型された、くさび形の小型電球。
カ
加電圧保護
回路機能
主にLEDフェストンバルブに採用されており、車両側からの供給電圧が瞬間的に上昇した際にLED素子の発光チラつきを抑え安定した点灯状態を保つ機能。
カプラー
2つの配線や製品などの結合器、および連結装置。接続する端子の数によって「3P」や「6P」などと呼び、形も様々である。
カンデラ
明るさの単位で、ヘッドライトなどの灯具に装着された状態での単位。灯光照射用ランプで光軸方向の光度を中心光度、配光曲線上で最も大きな光度を最高光度で表すもの。
キセノンガス
H.I.Dバルブの放電管内に封入してあるガスで、放電管内の電極間で放電した時に電子と衝突する事で発光する役割がある。
グレア
物の見え方に影響を与える要因のひとつで「まぶしさ」の事。ハロゲンからH.I.Dに替えた際にハロゲンでは照らさなかった部分に光が出てしまう場合などに「グレアが出る」などと用いる。
ケルビン
色温度の単位。色温度が低いと赤味がかった光色となり、色温度が高いと青みがかった光色となり、色度を数値で表した物をケルビン数として呼ぶ。
コーナリングランプ
車両の旋回方向を照射するランプ。ハンドルやウインカーの作動に連動して旋回する方向のランプが点灯する。
コントロールユニット
H.I.DのH4切替タイプに付属するパーツ。車両ライトスイッチのON/OFF動作を読み取りHIDを点灯・消灯させたり、LO/HI切替操作などの制御もおこなう。
車両ヘッドライトのハロゲンバルブにつながるカプラーの各端子電圧を信号として読み取り制御をおこなうものである。
コンバージョンキット
コンバージョンとは「交換」や「変更する」という意味。
弊社においては純正ハロゲンの形状にあったH.I.DシステムやLEDキットに変更するシステムを総じて呼びます。
サ
シェード
ヘッドライト灯具内にある遮光板の事。バルブから出る光を遮り適切な配光を出す役割があります。
純正交換バルブ
車両に純正HIDとして装着されているバルブの交換用バルブ。 車種により使用しているバルブ形状が異なるが、弊社においては『D1S』・『D2S/R』・『D3S』・『D4S/R』といった形状をラインナップしており、純正バルブとは異なったケルビン数を選択する事ができる。
スモールランプ
車両の車幅灯のこと。ポジションランプなどとも呼びます。
タ
ダブルブリンク
ハザード
通常のハザードランプは等間隔で点灯・消灯を繰り返すが、ダブルブリンクハザードではノーマルの点灯時間内に2回の素早い点灯動作をおこなう。
(ノーマル「チカッ・チカッ…」 / ダブルブリンク「チカチカッ・チカチカッ…」)
球切れ警告灯
多くは輸入車(主に欧州車)に採用されている機能で、ヘッドライトのバルブ等が不点灯になった場合、インジケーターに警告表示しドライバーに知らせる機能。
タングステン
6族(クロム族)に属する遷移元素の一つ。融点は約摂氏3380度で、電球・電子管のフィラメント・電極,また合金材料としてハロゲンランプに用いている。
ディフュージョンミラー
LEDボールドレイに採用しているパーツで、前方へ発せられる高輝度LEDの光をヘッドライトリフレクターへ反射させる為の鏡としての役割を担うパーツ。
計算しつくされた絶妙な形状の鏡面になっており、光を増大してランプリフレクターへ反射させ、LEDでは実現が難しかった理想的な配光を実現させる為のものである。
点滅回避回路
輸入車などでLEDバルブに交換した際、イグニッションON時にLEDバルブが点滅してしまうケースがあり、その点滅動作を回避させる為の回路。
電流制御機能
車両側からの電圧値の変動を制御して一定に保つ機能であり、これにより車両電圧の変化等に影響されることなく、安定した状態でのLEDの点灯を保持します。
ハ
バーナー
H.I.Dバルブ発光部分の呼称。主にガラス管の部分を呼ぶ。
パルス
決まった時間内(周期内)においてスイッチをON/OFFしたような形の電流波形。
バルブ
H.I.DやLED、ハロゲンランプ等の電球。
バルブアダプター
一般的なバルブの固定方法(針金状のスプリングでバルブを押える)ではなく、金属製または樹脂製と云った、特殊な形状をしたパーツを用いてバルブを固定するために用いるもの。
ハロゲンバルブ
白熱電球の1つであり、沃素を用いたタングステン電球。通常の白熱球より輝度が高く劣化が起こりにくい。
パワーユニット
H.I.Dシステムにおける点灯装置の総称で、主にインバータとイグナイタ、それに付随するパーツを1つのパッケージに納めた物。
ヒートシンク
発熱する機器に取り付けられる放熱板。弊社の製品においては、主にLED製品のアルミ製バルブボディー部分などが相当する。
フォグランプ
霧灯。霧の中でも透過する可視光線を得るためのランプで白または淡黄色の補助灯である。前方を照らす前照灯とは役割が異なり、広い範囲の視認性を向上させるためのレンズを備えている。
プロジェクターランプ
集光照射方式のライト。反射鏡、シェード、凸レンズを組み合わせることで余計なところに光漏れが少なく、くっきりとした光を投影できるという特徴がある。
ヘッドランプ
前照灯。車などの前方を照らす光を発する装置で、ハイビーム「走行用前照灯」とロービーム「すれ違い前照灯」を切り替えることができるものを兼ね備えている。ハイビームは正面を遠く(最低前方100m)まで照らすため、夜間の対向車や前方の車が存在しない場合に用い、ロービームはやや下方(前方40m)を照らすため、対向車や前方の車への眩惑防止や、霧や雪などに光が反射する場合に使用する。
マ
マルチ機能ドライバ
DRL(デイタイムランプ)におけるLEDランプの点灯装置であり、LEDを点灯させる役割の他に車両ポジションライトとの連動機能や任意で光度を変更させる機能を併せ持つ。
マルチリフレクター
拡散照射方式のライト。バルブ後方の反射鏡(リフレクター)にコンピューターで計算したカットを入れることによって配光調整をした方式のライト。
ヤ
ユーロウインカー
欧州車に多く採用されているウインカー機能で、進路変更などの際にウインカーレバーを軽く操作(ロックする位置まで持っていかず半ノッチだけ動かす)した場合、3回だけ点滅をおこなうもの。
ラ
ライセンスランプ
ライト点灯時に車両後方のナンバープレートを照らすランプ。ナンバー灯及び番号灯とも呼ばれる。
リフレクター
ライト灯具内にそなわっている反射鏡。
ルーメン
光の量(1秒間に放出される光の総和)をあらわす単位。 ランプから放射される光の量を表すときに用いられ、光束ともいう。
ルクス
光を受ける面の明るさ。 場所・作業内容ごとに照明基準としてJIS規格が制定されている。
ワ
ワット
消費電力の単位(W) 電流×電圧=消費電力
ワーニング
キャンセラー
輸入車などにある球切れ警告灯表示を回避する装置。ハロゲンバルブに置き換えてH.I.DやLEDに換装した際に消費電力の違いなどから車両側でバルブ不点灯と判断し警告灯を表示させた際に、キャンセラー内部の回路や電気抵抗などを用いて球切れ警告表示を回避させるもの。
英数
HID
(High Intensity Discharge)の略であり、電極間の放電を光源とした電球である。高輝度放電ランプとも呼ばれる。
LED
発光ダイオード(Light Emitting Diode)の略であり、順方向(+⇒-)に電圧を加えると発光する半導体素子。
D-Multi
純正H.I.D装着車用の交換バルブであり、弊社のパワーユニットと合わせて使う為のバルブキット。
純正バルブ形状のD1S/R・D2S/R・D3S/R・D4S/Rに対応するフランジ形状を有し、バルブ~バラスト間はコンバージョンキットと同様のカプラーで接続をおこなう作りをしている。

Products Index

  • H.I.D
    H.I.D

    ベロフを代表するH.I.Dシステム

  • LED
    LED

    圧倒的な存在感と個性あふれる美しさ

  • FOG
    FOG

    明るく美しい光を放つEcoパワーH.I.D

  • OEDICATED
    OEDICATED

    車種別専用システム

  • OPTION
    OPTION

    オプションパーツ


page top