よくある質問

H.I.Dについて

スペックルマンのバラストにスタンダードなHIDバルブを付けると寿命はどの位短くなるの?

HIDバルブの平均寿命は約1500時間程度で、使用しながら徐々に明るさが減少していく傾向にあります。この特性と併せてハイワットバラストとの組合わせをおこなった場合、HIDバルブに対しての負荷が多くなる事で通常バラスト使用時より約2~4割り程度寿命が短くなる傾向にあります。
更に、HIDバルブの寿命は使用状況によっても変わることがあり、特にライトスイッチのON/OFF動作を頻繁におこなう環境下などでは更に寿命が短くなることが懸念されます。

ケルビン数(色温度)は高い方が明るいのですか?

ケルビン数とは光の色度を表した値であり、光源の光色には赤みを帯びた物や青みを帯びた物があります。それを人の主観で表す場合、見た人により微妙に異なってしまう為、色度を物理的、客観的に表した数値がケルビン表記になります。
このケルビン表記において、数字が高いほど青みがかった色になり、低いほど赤味がかった色になりますので、光の明るさを示す値とは異なるものです。
例えば、ケルビン数を上げた場合は色味が青っぽく変わっていき、大体7000ケルビンを超えたあたりからしだいに青味が目立つ色合いに変わっていき明るさは減少する傾向にあります。
逆にケルビン数を下げた場合でも2300ケルビンを超えたあたりからしだいに赤味が目立つ色合いに変わっていき、明るさは減少していきます。

ハロゲンバルブからHIDバルブに付け替えたいけど、バルブだけ交換すれば良いの?

ハロゲンバルブとHIDバルブでは点灯方法に違いがあるので、バルブのみの交換には対応できません。
HIDバルブの場合、昇圧器であるバラスト(インバータ・イグナイタ)により、約20.000Vまでの高電圧にした電気をHIDバルブの電極間に放電することで発光します。
ハロゲンバルブは内部のフィラメントに通電し白熱させた際の発光を利用しているので、バルブ自体の発光方法が異なります。
従ってHIDバルブは、車両電源電圧12Vのみで点灯可能なハロゲンバルブの様に電球のみでの点灯はおこなえません。

純正HIDの車に乗ってますが、もっと明るくする事は出来るの?

HIDバルブ交換のみでは明るさは変えられませんが、純正HIDバラスト(35W)を弊社のハイパワーバラスト(40~45W相当)に交換し、純正バルブ形状に合わせたバルブキット(D-Multi)との組み合わせで明るさを上げる事が可能です。
但し、一部車種においては装着出来ない場合ございますので、不明な点は弊社へお問い合わせください。

HIDの装着は個人でも簡単に出来ますか?

装着する車両によってはバンパーの取り外しが必要など、難易度が異なります。また、インバータやイグナイタなどのバラストも約20,000Vという高電圧を発生する昇圧器を車両に設置する為、取付けには細心の注意と知識が必要となります。
従いまして、HIDの装着に関しては専門的な知識のあるショップや自動車整備工場などでおこなってください。

ハロゲンからHIDに交換して車検は通りますか?

弊社のHIDバルブは保安基準における「明るさ」及び「色度」に関する重要検査項目の基準を満たしている車検対応品となります。(9000ケルビンを除く)
但し、下記に記すケースにおいては車両検査基準対象外となる場合がございます。
・H4Loタイプは2灯式ヘッドライトに装着した際に、ハイ/ローの切替えが出来なくなるので車検非対応になります。
・平成18年1月以降生産の車両に2900ケルビン(イエロー)のバルブを装着した場合は車検非対応です。
・9000ケルビンの製品は色度が検査基準外になりますので、車検非対応です。
・弊社製品は車検対応品として製造されておりますが(9000ケルビンを除く)、ハロゲンランプとは異なった発光色となる為、まれに検査官の判断によっては検査基準外と判断されてしまう場合がございます。また、一部車両の灯具においては正しい配光や色度が得られず照度範囲外となり検査基準外となる場合がございます。

ケルビン数を上げて明るくすることは出来ますか?

ケルビン数の数字が大きい(高い)程、青みがかった色となり明るさは減少する傾向になります。
従って、明るくする(光量を上げる)際は高出力バラスト(パワーユニットのルマンGTやエボリューションNEOなど)との組み合わせをお薦めします。

HIDバルブを1本だけ購入することはできますか?

事故や故障などで破損した場合にも交換対応できる様、リペアバルブとして1本単位の設定もございます。お求めの際は、お買い求めいただいた販売店にお問い合わせください。 但し、片側のみを新品にした場合、バルブの使用年数などに応じて色の違いが生じる場合がございます。永くご使用いただいたバルブを交換される際は左右同時に交換される事をお薦めします。

LEDについて

ハロゲンバルブからLEDバルブへ交換する事はできるの?

ハロゲンバルブの規格に併せたLEDバルブをラインナップしていますので、同規格の製品にて交換が可能です。
但し、一部の車両状態においては電極ソケットとの+/-極性が合わないや、LEDバルブの長さが合わず灯具に納まらない等といったケースにより、取付け出来ない場合もございます。
詳しくは弊社製品適合表をご確認ください。(記載がない場合は取付未確認になります)

フォグランプにボールドレイを装着して明るくなりますか?

LEDフォグバルブに交換することによって、明るさ(カンデラ数)はハロゲンバルブより下がってしまいます。
但し、一般的なLEDバルブがランプのレフ(反射板)をほとんど使用せずに点灯しているのに対し、ボールドレイはディフュージョンミラーの採用により、灯具のリフレクターを使いノーマルバルブと同等な適正な配光を導きだす事を可能としました。

“リバースLEDバルブ”と“ボールドレイバックランプ用LEDバルブ”はどちらが明るいの?

リバースLEDバルブはトップに2つと側面に4つ(90度間隔)搭載された高輝度LEDにより、LEDバルブボディーより直接光を外部へ発します。
ボールドレイバックランプLEDでは高輝度LEDをバルブトップに配置したディフュージョンミラーを用いて灯体のレフ板に反射させ、ランプ本体より増幅した光を外部へ発します。
以上の事をまとめると、それぞれの明るさに大きな違いはありませんが、装着するレンズの特徴がバルブ単体の発光を生かすタイプであれば『リバースLED』、レンズの反射を生かすタイプであれば『ボールドレイLED』が適しています。

その他

ポジションランプ・ロービーム・フォグランプの色を合わせたいけど、どの組み合わせが良いの?

ケルビン数が同一でもHIDとLEDとでは発光色が違います。また、灯具の大きさや形状によっても発光色は変わってしまいます。
したがって完全に同色というのは基本的に困難ですがLEDのポジションバルブを基準にした場合はHIDを6000~6500ケルビン程度の商品と組合わせると近い色合いになります。

Products Index

  • H.I.D
    H.I.D

    ベロフを代表するH.I.Dシステム

  • LED
    LED

    圧倒的な存在感と個性あふれる美しさ

  • FOG
    FOG

    明るく美しい光を放つEcoパワーH.I.D

  • OEDICATED
    OEDICATED

    車種別専用システム

  • OPTION
    OPTION

    オプションパーツ


page top