リチウムイオンバッテリーの扱い

リチウムイオンバッテリーは発火する可能性のある危険物です!

リチウムイオンバッテリーはエネルギー密度が高く、高効率なのでコンパクトに大容量の電力を貯えられます。一方で、消防法で危険物に指定されているように、酸素(水に含まれる酸素も同様)に反応して燃える性質を有しているため、安全対策はされているものの取り扱いに注意する必要があります。

JIS規格安全性試験動画

基本的な注意事項

落下や破損など衝撃にご注意ください!

強い衝撃が製品本体に加わり、製品が変形して電極が接触してショートするなどした場合、リチウムは、内部の酸素と反応を起こし、膨張・発熱・発火する恐れがあります。もし、強い衝撃を与えてしまったり破損した場合は、充電することをせず、地域のゴミ処理に従って廃棄いただくか、弊社までお送りください。もし破損したとしても、充電するなど過剰なエネルギーを与えたりしなければ、通常発火に至るようなことはありません。ただし、ハンマーで叩く、圧迫する、釘が刺さるなどリチウムに直接酸素が触れるような破損が生じた場合、発火・爆発に至りますので、十分に取扱いにご注意ください。

温度管理にご注意ください!

保証温度範囲を超えた高温状態に長時間放置されると、リチウムイオンバッテリーの構成部材であるセパレータが徐々に収縮し始め、ショートが起こる原因となります。
ショートが起こると発熱し、更にセパレータの収縮が大きくなり、電解液と負極の反応、電解液の分解、と発熱の連鎖反応が発生し、結果として発火・爆発に至る可能性があります。十分に取扱いにご注意ください。
なお、通常の使用時は、一定の温度以上になると、動作がシャットダウンする保護回路が組まれているため安全です。

過充電・過放電にご注意ください!

バッテリーが過充電となると正極の電位が上昇し、電解液の化学反応が進み、それに伴い発熱が生じます。通常、保護回路が働き、過充電・過放電は防止されていますが、破損により回路が故障していたり、対応していない充電器を使用してしまった場合などに過充電、過放電となり、膨張・発熱・発火の原因となります。なお、過放電状態が続くと、故障し、再充電できなくなることがあります。定期的な充電と取扱いに十分ご注意ください。

リチウムイオンバッテリーは劣化します!

充放電を繰り返すことで起こるサイクル劣化や、放置状態で置くことで起こる放置劣化などによる経年劣化で、電気容量が低下していきます。また、充放電を繰り返すことによって、徐々に反応が遅くなっていきます。なお、経年劣化によって電解質の酸化が電池内部でおこり、ガスが発生し膨張の原因となります。外部からの衝撃や圧迫によって、電池が変形し、ショートが起きて膨張することもあります。膨張が起きた際は、速やかに地域のゴミ処理に従って廃棄いただくか、弊社まで送付ください。

発火した場合の消火方法

消火器火器が有る場合は、消火器を使用してください。
リチウムイオンバッテリーは水に含まれる酸素に反応して、水素の発生と発熱を起こしますが、大量の水で消火することで、発熱より冷却効果の方が高まり、発熱を抑え、消火することも可能です。

JIS規格安全性試験動画

異物圧壊試験の様子

QBCアクティブ(リン酸鉄 リチウムイオンバッテリー)

釘刺し試験の様子

QBCアクティブ(リン酸鉄 リチウムイオンバッテリー)

リン酸鉄 リチウムイオンバッテリー:電池内部で発熱があっても結晶構造が崩壊しにくく、安全性が高いリチウムイオンバッテリーです。リチウムポリマー系と比較してエネルギー密度が低く、小型化が難しいバッテリーです。QBCアクティブはより安全性を追求し、リン酸鉄 リチウムイオンバッテリーを採用しています。

使用しなくなったり、劣化したBELLOF モバイルバッテリー ジャンプスターターをBELLOF アフターサービスセンターへ返送ください! リサイクルカンパニーと協力してリサイクル致します。

ベロフアフターサービスセンター

027-267-1556

[営業時間]
平日(月~金)9:00~12:20 / 13:00~17:00
※土・日・祝祭日を除く
製品点検、不具合等のご相談全般承ります。

[ アフターサポート専用フォーム ]

ベロフジャパン本社

03-3482-5461

[営業時間]
平日(月~金)9:00~18:00
※土・日・祝祭日を除く
適応確認、取付方法等のお問合せはベロフジャパン本社にて承ります。販売店さまにつきましては、弊社担当営業でもお受けいたしますので、お気軽にお問合せ下さい。